ブランシュたかやま スノーガーデン

ブランシュたかやまのランチはレストラン・スノーガーデンが安くて美味!

はい、こんにちは!ぱっぺいです。

先日、白樺湖ロイヤルでナイターを滑った翌日にブランシュたかやまにスキーに行ってきました。

タイミングよくその日に「スプラッシュXゲーム」というイベント(タイムトライヤル)を開催していたので、急遽参加しました。

お遊びレースなのですが、表彰式もあり順位上位者には商品も出るんです。参加費無料なのに^^

で、そのスプラッシュXに出場したあとに表彰式まで中途半端に時間がりお腹が空いていたのもあって早めにランチしました。

ブランシュたかやまでおすすめのレストランはどこ?

ブランシュたかやまに来るといつもランチをするお気に入りの「ふるさと」というお店があったので行ってみると、、なんかいつもと雰囲気が違う。。

なんか変だなぁ・・と思いながらお店に向かうと、「ふるさと」の看板がない!

ドアを開けて中に入り、ロマンスグレーの店員さんに

僕「このお店ってふるさとでしたよね?変わったのですか?」

と聞くと

店員「そうなんですよ。今年から新しくなってスノーガーデンになったんです」

との返答。

結構、ショックでした。それくらい、昨シーズンまで通っていた「ふるさと」はお気に入りだったんです。

あまりにショックだったので「旧ふるさと」は保留して近くのレストランポテトの様子を確認しにいったほど。

結局、レストランポテトには食べたいメニューがなかったので意を決して「スノーガーデン」に入店。

で、スノーガーデンはどうだったのかというと、

結果ここで食べて大正解でした。

スノーガーデンをおすすめする理由

じゃ、なぜスノーガーデンをおすすめする理由をご紹介しますね。

ぱっぺいがなぜ昨年まであったお食事処「ふるさと」がなくなってしまったことを嘆いていたかがスノーガーデンをお勧めする理由と深く関係があります。

スキーブーツが脱げる

スキーブーツ置き場

ふるさとはスペースが二つに分かれていて正面入り口から入って右側がコタツがある畳の大部屋で、左側がイスとテーブルのスペースでした。ぱっぺいたちは空きがある限りは右側の畳の部屋で食事をしていました。

理由は、ブーツを脱いで脚を休めることが出来たからなんです。スキーブーツって滑るときは絶対必需品(当たり前ですがw)なのですが、ゆっくりとランチを食べるときは足を圧迫するので出来れば脱ぎたいんです!

この「ブーツを脱げるレストランかどうか」がぱっぺいにはすごく大切なのですw

でも、スノーガーデンはコタツが置いてある畳のスペースではなくイスとテーブルが置かれている一般的な部屋になっていましたが、ブーツを脱げる仕様は継続されていたんです!

脱いだスキーブーツはストーブの周りで乾かしながら温めることができます。食事が終わってスキーに行くときに、ブーツが履きないなんてことは絶対ないです。むしろスキーブーツが温まってぐにゃぐにゃでめちゃ履きやすくなってます。長時間スキーをしていると足先が冷えてくることがありますが、そんな冷え性のあなたもぽかぽか足状態でスキーを再開出来ちゃいます。

安くて美味しい

スキー場のレストランのご飯、俗にいう「ゲレ食」はまずいのが常識でしたが、ここスノーガーデンの食事は違いますよ。はっきり言って美味しいです!

ぱっぺいたちが頼んだメニューはこちら

ぱっぺい:かき揚げそば(950円)
妻:ハンバーグランチ(1000円)
長男:かけうどん(700円)
次男:かけうどん(700円)
三男:かけうどん(700円)

  • ハンバーグランチ

ハンバーグランチ

今回、初注文で大当たりだったのが妻が頼んだハンバーグランチ!妻がいうには「ゲレ食でこの美味しさとコスパの良さは考えられない」だそうです。ぱっぺいも妻が食べているのを見て次回の注文メニューをハンバーグランチに確定しましたw

ハンバーグはよくファミレスで出てくる機械でネリネリしたものではなく、手ごねしたような肉の粒が歯ごたえを残しているような、町の洋食レストランで出てきてもおかしくないような一品だったそうです。付け合わせも、上の写真でご覧いただけるようにマカロニサラダ、たっぷりの生野菜サラダ、肉じゃがが皿からあふれんばかりに盛られています。それに温かいお味噌汁と漬物がついています。

それだけでなく、妻が喜んでいたのはご飯(ライス)の美味しさでした。ゲレ食ではひどいところではジャー臭いご飯が提供されることもありますが、ご飯だけでも食べられるくらい美味しいご飯だったそうです。

ハンバーグランチ、町の洋食屋さんレベルで1000円です。ハンバーグ好きな腹ペコスキーヤのあなた、ぜひご賞味あれ^^

  • かき揚げそば

かき揚げそば

かき揚げそばはブランシュたかやまに来た時のぱっぺいの定番メニューです。具はかき揚げ、ほうれん草、なると、ねぎ、そしてシシトウです。なかなかゲレ食のそばでシシトウは入ってないと思います。焼き鳥屋でもシシトウ単体で注文するくらい好きなので大満足なかき揚げそばでした。ただ、価格に関しては950円するのでゲレ食としては普通ですが、ハンバーグランチのコスパと比べると普通ですかね。

なんだかんだで、体が冷えがちなスキー場で食べる七味をたっぷりかけたかき揚げそばは格別です。そば好きなスキーヤーさん、お試しあれ。

  • かけうどん

かけうどん

かけうどんは、子供3人が注文しました。かけうどんなのに具としてほうれん草、ネギ、ナルト が入っています。ま、具が入っていなかったら700円は高いですがw

お子様におすすめのメニューだと思います。味見させてもらいましたが、味は普通に美味しかったですよ!

スノーガーデンのメニュー一覧

他にもスノーガーデンにはこんなメニューがあります。休憩所として使うこともできるのでドリンクやスナックメニューも充実しています。

スキー場でコーヒーを飲みながらケーキに舌鼓をうつなんておつですよね。

スノーガーデンのメニュー1

ランチ

チキンカツランチ:1200円
アジフライランチ:1000円
コロッケランチ:900円
ボルシチ(パン付き):1200円
カニクリームコロッケランチプレート:1300円
ベジタブルカレーボール:1000円
ハッシュドビーフ(サラダ付き):1200円
特性牛丼:950円
豚丼:950円

おそば

かけそば:700円
きつねそば:780円
かき揚げそば:950円

うどん

かけうどん:700円
きつねうどん:780円
かき揚げうどん:950円

パスタ

ナスとベーコンのパスタ:1000円
揚げナスのミーとソース:1000円

スナック

コロッケ(1個):200円
鳥の唐揚げ:550円
オニオンリング:450円
ポテトフライ:450円
唐揚げ&ポテトフライ:450円

Bread menu Table

ミックスサンド:700円
チキンカツサンド:700円
ナンドッグ:400円
チリナンドッグ:430円
あんバタートースト:400円
ベリーソースのパンケーキ:580円
チーズとハムのイングリッシュマフィン:500円
※パンのメニューにはコーヒーor紅茶orコーラがプラス200円で付きます

スノーガーデンのメニューその2

ホットドリンク

コーヒー:350円
カフェオレ:450円
紅茶:350円
抹茶ミルク:350円
ココア:450円
タピオカミルクティー:500円
カフェラテ:450円
カプチーノ:450円
ティーラテ:450円
チャイラテ:450円
抹茶ラテ:450円

冷たいドリンク

アイスコーヒー:350円
アイスオーレ:450円
コーラ:350円
ジンジャーエール:350円
オレンジジュース:400円
マンゴージュース:450円
レモンスカッシュ:500円
信州りんごジュース:450円

スイーツ

渋皮モンブラン:450円
チーズケーキ:450円
ケーキセット コーヒーor紅茶:650円
あんみつ:480円
クリームあんみつ:580円
白玉ぜんざい:450円
わらび餅:350円
バニラアイス:400円

まとめ

ブランシュたかやまには3つのレストランがあります。

レストランバウム、レストランポテトそして今回ご紹介した一押しカフェレストラン・スノーガーデンです。

バウムとポテトでは食べたことないのですが、スノーガーデンは本当に美味しかった。2017年・2018年シーズンまであった「ふるさと」にも劣らない、いや凌駕するほどおすすめです。

食事の後にリフレッシュして復活した脚でスキーをしたい人、子育て中で少しでも貯金に回したい人は

ブーツを脱いで食事ができる、コスパ最高・安くて美味しいランチが食べられる!

ので特におすすめです。

スノーガーデンやポテトでは食べたことないので、食べたことある人コメント欄でレビューいただけたらすごくうれしいです。

では、ブランシュたかやまのおすすめレストランの記事でした。

バイバイ

  1. 白樺湖ロイヤルヒルスキー場 エスカレーター
  2. ファミリーロッジ旅籠屋・茅野蓼科店 外観
  3. スキー板を車内に積む一例
  4. 白樺湖ロイヤルヒルスキー場 ナイターはピステンがかかっている状態です
  5. スプラッシュXゲーム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP