白樺湖ロイヤルヒルスキー場 ナイターはピステンがかかっている状態です

白樺湖ロイヤルヒルスキー場の5時間券はナイターも滑れてお得だよ

はい、こんにちは!ぱっぺいです。

前回に引き続き白樺湖ロイヤルヒルスキー場のお話です。

2月初旬に、白樺湖ロイヤルヒルスキー場を訪れたのは土曜日でした。いつもの土曜日は午前中に子供たちのスイミングがあるのですが、この日はたまたま練習がない日だったので9時頃に千葉の自宅を出発。

東関道、首都高、中央高速と高速道路を乗り継いで白樺湖ロイヤルスキー場の駐車場に到着したのが12時50分。約4時間の道のりでした。

着替えて、駐車場からスキー場まで移動してリフト券売り場にたどり着いたのが13時20分。

ナイターを滑れるリフト券を選択

さぁ、滑るぞーとゲレンデに直行したいのですが、焦る気持ちを抑えてリフト券の購入です。

リフト券売り場はスキー場からロイヤルヒルホテルの入り口を入って正面にあります。

ここで選択しないといけないのがリフト券の種類。この時間(13時20分)からだと

スーパー1日券
1日券
5時間券
午後&ナイター券

この4つから選ぶことになります。

午後の1時半に購入するスーパー1日券と1日券は意味がないしもったいないので却下。

ここまで来る途中、事前に電話確認をしたところ、5時間券では16時45分までしか滑ることができなくてナイター券を購入しないと滑れないとのことでした。

5時間券と午後&ナイター券で少し迷ったのですが、子供たちがナイターを滑りたいというので午後&ナイター券に傾きかけました。

ですが、ぱっぺいはダメもとでも一応交渉する癖があるので、「いま13時20分なので5時間券でも少しだけナイターが滑れちゃったりしませんかー?」とリフト券売り場のスタッフに「5時間券でナイターを滑れるか否か」を聞いてみたところ、意外なことに「全く問題なしですよ~」との返答をいただきました!やった^^

(あれ?あの電話は何だったんだ?)

白樺湖ロイヤルヒルスキー場 リフト券の種類と価格

(公式ホームページのリフト券のページ) https://royalhill.co.jp/ticket/

で、無理だと思っていた、「5時間券でのナイター滑降可能」に気分を良くして19時30まで利用可能な5時間券を購入!

5時間券

購入時間は13時22分。きっちりと5時間後だとしたら19時22分までなるのでしょうが、リフト券に記された最終利用時間は19時30分!8分得しちゃいましたw

大人2人なので3800円×2で7600円です。支払いは現金だけでなくカード払いも可能です。うちは極力カード払いしたいので今回もカードで支払いました。

5時間券で滑ったナイターはピステン最高!

5時間券を購入したので、ナイターの前にまずは晴天のスキーを楽しみます。

午後からだったので、荒れているゲレンデを想像していましたが、気持ちよくクルージングできる程度の中斜面と土曜日なのにそれほど待たないリフトがまったりとしていて和やかな気持ちでスキーを堪能できます。

晴天とゲレンデの空き具合が後押しをして休憩なしでリフトが止まる16時45分寸前まで滑りまくりました。16時45分で一度クローズした後に17時30分まで雪上車がゲレンデをなだらかにクリーンアップしてくれます。

ナイター営業をしているスキー場は多々ありますが、ナイター前に雪上車がピステンをかけてくれるスキー場はかなり稀です。

ロイヤルホテル内の休憩所でブーツを脱いで疲れた脚を休めたので、心身ともリフレッシュして17時30分のナイターオープン時間にリフトに向かいました。

ピステンといえば、スキーヤー・スノーボーダー問わずカービング好きにはたまらないゲレンデ状況なのでスキー場によっては結構リフト待ちがあったりします。

ですが、意外や意外、ぱっぺいの前に数人いるだけでした。

「もしかしたら、前の数人と我々5人だけでナイターを独占できちゃうかもー」なんて思っちゃいましたが、さすがにそれはなくちょこちょこと人は増えてきました。

それでも、ピステンを目の前にした状況としては異常なほど人がいません。

ナイターリフトから

まだ荒らされていない斜面に胸を高鳴らせながらリフトに乗っています。↑

 

動画

どうです?白樺湖ロイヤルヒルスキー場のナイターのピステン、やばくないですか?まさにグルーミングバーン!ちょっと古い言い方ならコーデュロイ、コールテンバーンですw

ナイターの時間帯にこんなに素敵なコンディションでスキーしたのでぱっぺいは雄たけびを上げていたらしいです。後で子供から聞きました。

ちょっと恥ずかしいですが、それくらい気持ち良かったってことですよ!!

ナイター後の整備されたゲレンデは別にカービングできる人だけが楽しめるものではなく、カービングができない人にとっても、滑りやすくスキーが楽しくなります。

実際に後傾プルークボーゲン専門の幼稚園児の三男も「ナイター、やばいよー!楽しかった、また来たい~」って昼よりもスピードを出して楽しんでいました。

もしスキー経験がない人にお伝えするとしたら、体育館でするローラースケートやスケートボードって感じです。アスファルトと比べるとなめらかで気持ちいいんです。そんな感じですw

ナイター券なしの5時間券で昼間もナイタースキーも楽しめる白樺湖ロイヤルヒルスキー場、この白樺湖エリアでかなりお気に入りになりました。

まとめ

スキーは朝のオープンから滑り始めるのが、誰が何と言おうが「最高に気持ちいい」のでおすすめです!そうはいっても現実はオープン時間にスキー場に到着できることって少ないと思います。

でも、白樺湖ロイヤルスキー場なら午後についても5時間券を購入すると朝一と同じようなピステンがかかった状態を思う存分堪能することができます。

土曜日の午後にここで最高の状態のナイターを味わって、茅野市でコスパ最高ロードサイドホテルの旅籠屋に宿泊して翌朝ブランシュたかやまに朝一から出陣するのがぱっぺい家族の定番コースになりそうです。

午後からでもピステンを味わいたい方、ぜひ白樺湖ロイヤルスキー場のナイター滑ってみてください!

  1. ブランシュたかやま スノーガーデン
  2. スプラッシュXゲーム
  3. ファミリーロッジ旅籠屋・茅野蓼科店 外観
  4. 白樺湖ロイヤルヒルスキー場 エスカレーター
  5. スキー板を車内に積む一例

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP