白樺湖ロイヤルヒルスキー場 エスカレーター

白樺湖ロイヤルヒルスキー場が子連れ家族におすすめな理由

はい、こんにちは!ぱっぺいです。

2月の初旬、土曜日に白樺湖ロイヤルヒルスキー場に家族で滑りに行ってきました。

この白樺湖ロイヤルスキー場にぱっぺいが来るのは2回目。その時はコブ斜面の練習目的だったので一人来場。今回は子供3人と妻と5人できました。

で、早速ですが「子連れ」におすすめな理由、あなたに教えちゃいます。このスキー場、なんと子供のリフト券が無料なんです!

子供をスキーに連れて行ってあげたいけれど、なかなか行動に移せない大きな理由として「リフト券が高い」といういかんともしがだい事実があると思うんです。

でも、ここは子供のリフト券代金は考えなくても大丈夫^^だから、子連れ家族におすすめなんです!

ただ、無条件にこどもリフト券が無料というわけではないのでそこは注意が必要です。

白樺ロイヤルヒルスキー場で子供リフト券を無料にする方法

キッズプラスプレミアムの案内
白樺湖ロイヤルヒススキー場で子供のリフト券代を無料にするには「キッズプラスプレミアム」という制度を利用します。「キッズプラスプレミア」は中高生以上のリフト券1枚につき子供券が2枚無料でついてくるというもの。といっても、手続きは全く難しくありません。

リフト券売り場でキッズプラスプレミアを利用したいことを伝えればOKです。普通に子供の1日券を購入してしまったあとでは、キッズプラスプレミアムへの変更・買いなおしはできないのでその点だけは要注意。ま、券売所の前にわかりやすく紹介してあるから大丈夫だとは思います。

本来であれば、普通の子供のリフト券は1日券は2200円します。周辺のスキー場のこどもリフト券もそのくらいの価格です。うちの場合は子供が3人なので2200円×3で6600円かかります。

でもでも、白樺湖ロイヤルヒルスキー場なら6600円払わなくても滑れるんです!6600円あれば、晩御飯だって食べられちゃいます。上の写真にも書いてありますが、ほんと「家族で滑ればみ~んなお得!!」

子供が乗りたい日本唯一の雪上エスカレーターがある

この雪上エスカレーターの存在も子連れスキーヤーに白樺湖ロイヤルヒルをおすすめする理由の一つ。

特に小さい子供がいるご家族には、面白いので体験してもらいたいです。

「雪上エスカレーター」、、聞いたことあります?

なんか、ありそうですよね。「あ~、あれね!」なんて頭に浮かんだものあると思います。

おそらく、頭に浮かんだ雪上エスカレーターってこんなのじゃないですか?

キッズエリアなどでよくあるやつです。例えるなら、スキーヤーが乗れるベルトコンベアといったところでしょうか。

ですが、白樺湖ロイヤルヒルのは、違うんです。このタイプのではないんです。かなり珍しいものです。

はい、こちらになります。

白樺湖ロイヤルヒルスキー場 雪上エスカレーター

見たことあります?イスが設置してある2人乗りタイプのエスカレーターです。

最初見たときは驚きましたね~。もの珍しさとそのスピードの遅さに。

そうなんです、この摩訶不思議な乗り物のスピード、亀もびっくりするほど遅いんですよ。

搭乗する時にスタッフのおじさんに「これ、珍しいですね~」って声かけたら「もう今はここくらいし置いてないんですよ~。以前はまあまあ、あったみたいなんですけどね~。上る速度が遅いですからね~。スケーティングしたほうが全然早く登れますよ~ ハハハッ」っていうほどのスピードです。

でも、乗り物好きの男子としてはどんなに遅くてもスケーティングなんぞで登りません。今度来たときはもう存在が無いかもしれないので、しっかりと国内唯一というシッティングタイプの雪上エスカレーター、体験してきました。

感想は

「。。。ほんとにおそい。。」ですw

でも、遅いからこそ危なくないですし、そり遊びや初めてスキーをする子なんかは楽しいと思いますよ。

子供だけでなく、大人も来場したら一度は乗るといいと思います。なかなか体験できるものではありませんので。

まとめ

てな感じで、キッズプレミアムプラスを使うと子供料金が無料になります。タダより怖いものはないなんて言いますが、リフト券に関しては絶対タダのほうがいいです^^

雪上エスカレーターは国内唯一です。大人にとっては、大したものでなくても子供にとっては興味深いものであることは多々あります。うちの子供たちは、かなり興味を示していました。せっかくなので白樺湖ロイヤルヒルスキー場を訪れたなら、エスカレーターも試してみてください。お子さん、きっと喜ぶと思います!

  1. ファミリーロッジ旅籠屋・茅野蓼科店 外観
  2. スプラッシュXゲーム
  3. 白樺湖ロイヤルヒルスキー場 ナイターはピステンがかかっている状態です
  4. ブランシュたかやま スノーガーデン
  5. スキー板を車内に積む一例

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP