スプラッシュXゲーム

ブランシュたかやまのイベント スプラッシュXゲームおとな大会出場

はい、こんにちは!ぱっぺいです。

前回に続き、ブランシュたかやまのネタでお送りいたします。

ランチ前にお遊びレースに出場したというお話を書いたのですが、そのイベントが「スプラッシュXゲーム おとな大会」です。

このスプラッシュXゲーム、じつは先シーズンも出場していたんです。ただその時は大人大会ではなく親子大会といってこどもと親のペアで参加する形式のものでした。(2018年親子大会の記事も後で書きますね)

スプラッシュXゲームおとな大会の参加(エントリー)方法

参加方法ですが、すごく簡単です。SAJのスキースクールが入っているコアハウスの前あたりで、ブランシュたかやまのスタッフの方がデスクを出して受付をしています。

スタッフが「本日、スプラッシュXゲームを開催しまーす!誰でも無料で参加できるので、奮ってご参加くださーい!」なんて声出しをしているので、名簿に名前を書いてゼッケンをもらってください。ぱっぺいが参加したときは番号付きの青いゼッケンでした。

スプラッシュXゲームおとな大会のコース

スプラッシュXゲームのコース紹介

上のコース案内図の赤丸印を付けた場所がスプラッシュXゲームの開催コースです。

第1クワッドリフトに乗って滑ってくるならロマンチックコースを降りてきて、最後に広くなるコースの上部で右にトラバース気味にファンタジーコースに移動します。

第4ロマンスリフトを使うなら、リフトを降りたらスキーヤーズレフト(フォールラインを向いて左側)にスプラッシュXゲームのコースがあります。

コース自体は緩やかな斜度で、普段はクロスコースとして園児も楽しむ程度のコースです。難易度は初級者でも楽しめる程度です。なので、ボーゲン・ハの字で滑走可能であればだれでも参加できます。

スプラッシュXゲームおとな大会のルール

ルールはちょっと変わっていて、速いものが勝つというガチなスピードレースではないんです。この変則ルールなのでだれでも楽しめるレースになっていると言えます。

実際の滑走タイムが自己申告タイムに近い人が勝者というルールです。難しくはありません。

自己申告タイムはスタート直前にトランシーバーを持ったスタッフに伝えます。あとは自己申告タイムぴったりにゴールするように滑るだけ!簡単でしょ^^

スプラッシュXゲームおとな大会の結果

 

プラッシュクロスゲーム結果今回はおとな大会ということでぱっぺいと妻の二人で参加しました。妻は本当は参加したくなかったらしいですが、ぱっぺいが勝手にエントリー手続きを済ましたのでしぶしぶゼッケンを受け取っていました。すぐにやる気モードになっていましたが(笑)

結果は上記のとおりです。ぱっぺい夫婦は仲良く20位から30位の間に位置しましたw

ぱっぺいは申告タイムよりも遅く、妻は早かったです。昨シーズンの親子大会では一桁順位だったので、あわよくば優勝と思っていたのですがw

僕は最後のウェーブで速すぎると判断してボーゲンでブレーキをかけてスピード調節をしたんですよね。それが敗因かなと分析しておりますw

スプラッシュXゲームおとな大会の参加賞

残念ながら上位入賞はできませんでしたが、しっかりと参加賞はいただきました。

今回のスプラッシュXゲーム大人大会の参加賞はこれです!

参加賞のネックウォーマー

何かわかりますか?

これ、ネックウォーマーです。チャンピオンのネックウォーマーをゲットしました!

これなかなかいいんですよ。実は昨シーズン親子大会で息子3人が全く同じものを参加賞としてもらっていたので知っているんです。

これで親子合わせて5枚揃いました。

もう人数分参加賞を集めたので来シーズンは本気を出して上位入賞を狙いますよ!

ちなみに上位入賞すると、スクールの割引券やリフト券が賞品でした。

では、ブランシュたかやまの人気イベント・スプラッシュXゲームの出場報告でした。

ばいばい

 

 

 

 

  1. ブランシュたかやま スノーガーデン
  2. ファミリーロッジ旅籠屋・茅野蓼科店 外観
  3. 白樺湖ロイヤルヒルスキー場 エスカレーター
  4. 白樺湖ロイヤルヒルスキー場 ナイターはピステンがかかっている状態です
  5. スキー板を車内に積む一例

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP